読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もどこかでピンボケ写真

好きなものを浅く広く撮影してる写真日記

築城基地航空祭 その2

11/30 築城基地航空祭の話

まあ来る前から雨振るのは分かってたんですよ
なので行く前から荷物も少なめにしてカッパとか濡れてもいいように準備して行ったわけです

嫁ちゃんは「予行で満足した」と博多の友達のところへ逃亡しやがりました(笑)

そんな嵐の予感の築城基地航空祭当日
去年と同じく始発で築城基地


それでももうこれだけの行列


正門が開いても

これだけの人数


8:00の会場オープンを待ちます(まだ6:40)

そして待つ事約1時間ちょい

ゲートオープン!
一斉に走り出す観客たち、走らないでくださいって言う隊員さんも半笑い



一息つく間もなく特別塗装機が離陸開始


F2とF15の特別塗装ランデブー
豪華な天候調査だ

この日航空祭をブッチした嫁ちゃんから奪った無線を初めて使用
するとショークローズリクエストって単語が聞こえた

そしたらF15がグイーン

F2も


何回もグイーン

各機3回ぐらいやったと思います、ちょっとしつこいと思ったぐらい(笑)
この日昼から飛べないの知ってたんだね…

これ以上に凄かったのがF2の対地射爆撃!

ド低空離陸からのド低空グイーン


見事な編隊からの爆撃(デモ)

そして

超低空のベイパー引きまくり機動!


フルサイズ500ミリでこの近さ


すんごいベイパー!(湿度が高いともいう)


雲バッフン!!いやーAGG凄かった!


ところでAGGって何?

(空対地射爆撃(Air to Grand Gunnery)の略だって、っと驚くリンリン機動かと思た)

その後

今年はおとなしめの新田原からのリモートファントムさん(去年弾け過ぎて怒られたかw)


編隊飛行や


救難展示など滞りなく進み、天気も悪くならないからこのまま午後も行けるかな?と思った矢先

雨がドッサー

ふふふん、雨は昼から振るのは想定内よ、その為に屋根付きの場所を確保していたのだ

場内アナウンス「落雷の危険がある為13:00で閉場します…すみやかに退場してください」

想定外(笑)

雨で中止は岐阜でも経験ありますが、帰れって言われたのは初めてだ

さあここからが地獄のはじまりだった
帰りは特急を予約してゆったり帰る予定だったのに帰れって言われて特急の時間まで4時間以上

じゃあボチボチ帰ろうかと思っても一気に駅に人が殺到してるから基地の中から出れない状態
Twitterで検索してみたら駅まで1時間以上かかってる…

じゃあ築城のひとつ手前の駅へ歩いていけば座れるんじゃない?って事で検索してみたら

4キロ(笑)歩いて約1時間と出とる

1時間渋滞で絶対座れない築城か、歩いて1時間でたぶん座れる椎田か



で椎田まで歩き決定…これがもうめっちゃ辛かった

雨の中5キロ以上の荷物(カメラ)を背負って歩くのってあんなに辛かったとは

防水ケースに入れてるから道中の写真撮ればいいのにそんな余裕も無し

なんとかヘトヘトになりながらも椎田駅に着くと同じ事考える人が何人か居た
あと築城で座れない人がUターンして来る人も居た
(あたり前だがみんな駅員に捕まってお金払わされてた)

なんとか座れて築城駅を見ると地獄の様相だった
乗って来た人に話を聞いたら1時間以上辛かったと言っていた…どっちも地獄やったのね

泥の様に寝てあっという間に小倉に到着

こんなの初めて見たわ(笑)

そして別行動だった嫁ちゃんと合流

戦利品のお土産をスーツケースに詰め込む嫁
楽しかったようでなによりですなあ


去年と同じく鉄鍋餃子食べて反省会


新幹線であっという間に九州脱出〜乗り換えで四国へ


そんな感じの行きはよいよい帰りは地獄の築城基地航空祭でした

おわり